ITパスポート勉強中に難しいと感じている方へ解決策を伝授します!

ITパスポート勉強中に難しいと感じている方へ「勉強方法を変えよう」
ハテオ君

ITパスポートの勉強を始めたが、難しくてなかなか理解できない。自分には無理なのかなぁ...。

今回はこの悩みを解決します!

今回の記事テーマ

ITパスポートの勉強中に難しいと感じている方の解決方法を徹底解説!

ITパスポートの勉強をいざ始めて見ても、IT用語などがいっぱい出てくるから難しく感じますよね。

結論そのように感じる方は、今の勉強方法を変えましょう。

難しいと感じる方達にはある共通点や改善点があります。

自分ではあまり気づきにくいため、今回の記事では「改善方法・共通点・おすすめの勉強方法」を詳しく共有していきます。

本日の記事内容

今回の記事で自分に勉強方法を見つめ直すことができ「難しい」から「簡単へ」と変わるはずです。

「ITパスポート以外と難しいわぁ」と感じている方は、今回の内容を参考に合格までの道のりを駆け抜けていきましょう。

元中卒の自分が、誰でも理解できるように解説していきます。

それでは早速見ていきましょう。

黄島 成

ITパスポート勉強中に難しいと感じている方は、勉強方法を変えよう

ITパスポート勉強中に難しいと感じている方へ「勉強方法を変えよう」

ITパスポート勉強中に「難しいな」「理解できないな」と感じた方は、勉強方法を変えることをおすすめします。

個人差はありまずが、ITパスポートは基本的に難しくありません。

難しいと感じる場合は以下2点に問題がある可能性が高いです。

  • 勉強方法
  • 勉強環境

1番の原因としては勉強方法がかなり多いと感じます。

「難しい」を逆算すれば根本の原因が見つかる

「難しい」を改善するためには、逆算して原因を探し出すことが大事です。

では実際に逆算して見ましょう。

「難しい」を逆算すれば根本の原因を見つかる

このように多くの原因は勉強方法にあります。

そのため、難しいと感じている方は一度今の勉強方法を見つめ直し、改善することが1番の解決策です。

「難しい」と感じる原因は勉強環境も影響している

勉強方法を改善したとしても理解できないって方も数多くいます。

そんな方は勉強環境に問題があると考えましょう。

「難しい」を逆算した先程の例で考えて見ましょう。

「難しい」と感じる原因には勉強環境も影響している

たとえ、自分に合った勉強方法を行ったとしても「難しい」が改善されない場合もあります。

その原因は「集中できない」からです。

上記の逆算を見ていただく通り勉強方法の上には「集中できない」という原因があります。

そのため、勉強方法を変えても改善しない場合は、集中力がアップする環境で勉強を行いましょう。

補足:雑音のある環境だと集中力アップする

ちなみに集中力を高めるコツとして、ある程度の雑音がある場所が良いです。

なぜなら、ある程度の雑音がある方が人間は集中力がアップするという研究結果があるから。

【研究内容:音を聞くか聞かないかによって集中力は変化するのではないか】

「スピーカー」、「環境音」では、作業中にほどよく雑音が聞こえ作業効率が良くなったが、「無音」では音がないため作業に関係のない余計なことを考えてしまい気が散り、「イヤホン」では音のほうに気がいってしまい、ともに作業効率が悪くなった。

引用元:聴覚が集中力に及ぼす影響

そのため、雑音のある環境を利用して勉強を行うのが、集中力を上げて勉強するコツです。

「カフェ&音楽」が一番最強なセットです。

自分が勉強する時によく利用するのがカフェと音楽です。

ぶっちゃけこの2点が揃えば確実に集中力がアップしますね。

自宅で勉強している方であれば、この2点を行い集中力を上げて質の良い勉強をすることをおすすめします。

ちなみに音楽を聴くなら「Spotify」がおすすめです。

「BGM・音楽・ラジオ」音声に関してはなんでも揃っており、無料で利用することができます。

自分も愛用しているので興味ある方は是非活用して見てください。
SpotifyはAndroid版/iPhone版

難しいと感じる方の解決策まとめ

  • 結論、勉強方法を変えましょう
  • 根本の原因は勉強方法が自分に合っていない
  • 集中できない環境も原因の1つ
  • 雑音のある環境で勉強すると集中力アップ

「難しい」と感じる人達の共通の特徴3選

「難しい」と感じる人達の共通の特徴3選

難しいと感じる方たちにはある共通点があります。

次にその共通点を共有していきますので、自分には当てはまっていないかチェックしておきましょう。

共通点は主に3つ

  • ネットの情報のみで勉強している
  • IT用語の理解ができていない
  • アウトプットが足りていない

それでは順番に見ていきましょう。

①:ネットの情報のみで勉強している

難しいと感じる方に多い勉強方法はネット情報のみで勉強している方です。

結論、ネット情報は無料なので情報のクオリティーは低いです。

ある程度ITリテラシーがある方に関してはネット情報のみにで理解はできるかと思いますが、完全初心者の場合はネット情報だけでは理解に苦しむことが多いです。

ネット情報だけで勉強している方の解決策としては、参考書を活用するとかなり質の良い勉強が行えます。

そのため、ネット情報だけで勉強して難しいと感じているのなら本を使うことをおすすめします。

どうしてもネット情報で無料勉強したい方は【完全無料】ITパスポートおすすめ独学サイト〜無料独学の手順を公開!をご覧ください。

②:IT用語の理解ができていない

ITパスポート勉強で一番苦戦する所がIT用語です。

IT用語は頻繁に出てくるので、IT用語をしっかり理解できていないともちろん勉強は難しいと感じるはずです。

覚えるコツとしては「横文字は日本語の略語で記憶すること」です。

例えば、Local Area Network(ローカルエリアネットワーク」という用語を覚える場合。
略語の「LAN(ラン)」で覚える。

正式名称で覚えようとする方も多いですが、IT用語は基本略語で呼ばれることが多いため、略語で覚えることをおすすめします。

ノートよりもスプレッドシートを活用をしよう

ノートでIT用語をまとめる方が多いですが、ノートではすぐにおさらいができないデメリットがあります。

そのため、スプレッドシートを活用することをおすすめします。

スプレッドシートとは、Googleが無料で提供するエクセルのような機能です。

スプレッドシートのメリット

  • スマホ、PCでいつでも確認できる
  • 完全無料で活用できる
  • 活用することでITリテラシーも身に付く

IT業界の業務でもよく利用されるので、スプレッドシートにIT用語をまとめることをおすすめします。
» スプレットシート

③:アウトプットが足りていない

最後の共通点としては、アウトプットが足りていない方がかなり多いです。

「学んだことをすぐに忘れてしまう」って方は多いんじゃないでしょうか?

すぐに忘れてしまう理由は、人間の脳は使わない記憶を削除するようにできているからです。

そのため、覚えることに注力しても使わなければすぐに忘れるので意味がありません。
アウトプットを並行して行うのが1番の頭に残りやすいです。

アウトプットは過去の問題集を活用

アウトプット方法がわからない方は過去問を活用しましょう。

おすすめのアウトプット素材は「過去問道場」です。

過去問道場
出典元:過去問道場

実際に出題された問題集がびっしりと詰まっているので、是非活用して見てください。

ちなみに、スマホアプリを活用したい方はITパスポート過去問人気アプリTOP3「スキマ時間を有効活用しよう」をご覧ください。

難しいと感じている方におすすめの勉強方法「4STEP」

難しいと感じている方におすすめの勉強方法「4STEP」

それでは最後に、具体的なおすすめの勉強方法を共有していきたいと思います。

最強の勉強方法「4STEP」

  • まずは出題範囲の全体像を把握
  • 勉強計画を立ててインプット
  • とにかくアウトプット
  • 苦手分野を克服する

上記手順で勉強を進めていくことでかなり勉強が捗ると思います。

では順番に見ていきましょう。

①:まずは出題範囲の全体像を把握

まず最初に、どこからどこまで試験では出題されるのかを把握するところから始めましょう。

勉強する上ではゴールを知ることが重要です。

例えば、どこまで出題されるのかわからないと、勉強していてもなかなか終わりが見えません。
そして、辛くなり挫折する原因ともなり得ます。

そのためまずは、出題範囲の全体像を把握してゴールを明確にしましょう。 

②:勉強計画を立ててインプット

全体像を把握することができてば、勉強計画を立ててスタートしましょう。

勉強計画を立てないと計画性のない勉強になり、効率良くインプットすることができません。

また、自分は今どこまで進んでいるのかわからなくなり、迷子になってしまいます。

そのため勉強計画は最低限立てておくことをおすすめします。

勉強計画の立てる際の流れ

  • 勉強期間を決める
    (目安は2~3ヶ月で設定)
  • 1週間毎に勉強する箇所を決める
  • インプットとアウトプットの比率を決める
  • 勉強スタートして進捗管理を行う

上記の流れで勉強を進めていくことでかなり勉強が捗るはずです。

またモチベーション維持にも繋がるため、挫折するということもないでしょう。

インプットは参考書を使うべし

学習する際は間違いなく参考書を使うべきです。

参考書を使うメリットとしては

  • 全体像の把握ができ勉強計画が立てやすい
  • 情報のクオリティーが高い
  • 完全初心者でも理解できる
  • 練習問題もあるためアウトプットも可能

一番おすすめの参考書は「キタミ式イラストIT塾」です。

イラストベース解説しているため完全初心者でも理解しやすく、ITパスポート合格に必要な知識が全て揃っています。

おすすめの参考書を詳しく知りたい方は【2021最新版】ITパスポートおすすめ参考書ランキング厳選3選!をご覧ください。

③:インプットと並列してアウトプットを行う

勉強していく上ではアウトプットは欠かせません。

なので効率よく並列してインプットとアウトプットを行なっていく必要があります

割合としては、インプット6割、アウトプット4割を意識しましょう。

アウトプットのコツ

アウトプットをむやみやたらに行うのはNGです。

大事なのは、「必要な時に、必要な程度」で行うこと。

1週間の勉強計画を立てている場合以下のように分けると良いです。

  • 平日は参考書でインプット
  • 土日は過去問でアウトプット

上記のように1週間毎に勉強計画を立てることをおすすめします。

④:苦手分野を克服する

過去問などを行なっていると次第に自分の苦手分野がわかってくると思います。

そんな時は「苦手分野に注力し、得意分野は捨てる」ことが大事です。

ITパスポート試験の合格点は、1000点満点の内600点をとれば合格できます。

しかしITパスポート試験では3分野出題されるため、総合得点の600点以上が必要です。

そのため、ITパスポート試験では苦手分野を克服することが最も重要なので、得意分野は捨てて苦手分野に注力しましょう。

おすすめの勉強方法4STEPまとめ

  • ①:まずは出題範囲の全体像を把握
  • ②:勉強計画を立ててインプット
  • ②:とにかくアウトプット
  • ③:苦手分野を克服する

補足:参考書で理解できない方は通信講座に頼る

補足として共有しておきますが、参考書などを使っても理解できない方も中にはいると思います。

結論、参考書を使っても難しいと感じる方は通信講座に頼りましょう。

理解できないことを続けても理解できるようにはなりません。

なので一番合格を確実に目指せる通信講座に頼ることべきですね。

おすすめの通信講座はスタディング

通信講座に迷ったらスタディングで問題ないでしょう。

「コスト・クオリティー・サポート体制」全てが充実している人気の通信講座です。

「勉強が進まない」「挫折しそう」と感じている方はぜひ活用して見てください。
»スタディングはこちら

おすすめの通信講座をもっと知りたい方は【2021年最新版】ITパスポートおすすめ通信講座ランキング厳選3選!をご覧ください。

まとめ:難しいと感じている方は勉強方法を変えることが一番の解決策

まとめ:難しいと感じている方は勉強方法を変えることが一番の解決策

ITパスポートが難しいと感じる方の解決方法については上記内容で以上となります。

それではまず今回の内容をまとめていきましょう。

解決策

  • 今ずぐ勉強方法を変えよう
  • 理解できない場合は集中できる環境で勉強すること
  • カフェ&音楽を利用すると集中力アップします

難しいと感じる方達の共通点

  • ネットの情報のみで勉強している
  • IT用語の理解ができていない
  • アウトプットが足りていない

おすすめの勉強方法4STEP

  • まずは出題範囲の全体像を把握
  • 勉強計画を立ててインプット
  • とにかくアウトプット
  • 苦手分野を克服する
  • 補足:それでも難しいと感じる方はスタディングを活用しよう

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の内容が、役に立ったな!と思ったらシェア&ブクマ登録よろしくお願いします。

また、質問や問い合わせに関しては、コメント欄かお問い合わせフォームを活用ください。

それではまたお会いしましょう。

黄島 成
Pick Up
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】

-ITパスポート
-