【受験者必見】ITパスポートを取得するメリットは本当にあるの?

【受験者必見】ITパスポート資格を取得するメリットは?デメリットは?
ハテオ君

ITパスポート資格取得しようか悩んでいるけど、取得後はどんなメリットがあるのかな?またデメリットもあるの?

今回はこの悩みを解決していきます。

本日の記事テーマ

ITパスポートのメリット・デメリットを徹底解説します。

ITパスポートは、学生、新社会人、転職者といった幅広い方が受験する人気の国家資格となっています。

未経験からIT業界へ挑戦しようとする際によく出てくるのがITパスポーです。

この資格を取得することでどのようなメリットがあり、またデメリットはあるのか気になる方も多いと思います。

なので、ITパスポートを取得している私が具体的にこの2点について紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

本日の記事内容

黄島 成

元中卒の私が誰でも理解できるように解説していきます。
それでは早速見ていきましょう!

ITパスポート資格取得のメリット

ITパスポート資格取得のメリット

IT初心者にとってITパスポートを取得するとかなりメリットが大きいです。

大きく分類すると以下3面に対してのメリットがあります。

  • キャリア面
  • 仕事面
  • 将来性面

それでは順番に見て行きましょう。

キャリア面のメリット3

キャリア面では以下3つのようなメリットがあります。

  • ①:ITに関する基礎知識が身に付く
  • ②:IT以外の分野の知識も身に付く
  • ③:国家資格なのでキャリアに箔が付く

ITに関する基礎知識が身に付く

ITパスポートは、社会人が備えておくべきITに関する基礎知識が出題されます。

そのため、受験勉強をしていくうちにITの基礎知識が自然と身に付きます。

IT初心者の時は以下のような悩みがあると思います。

  • ITに興味があるけど最初にどんな知識を身につければいいか分からない
  • どんな職種になりたいかまだ明確に決まっていない
  • IT業界にはどんな仕事内容があるのかもあまり分かっていない

この悩みは、ITの基礎知識を身につけることで間違いなく解決されます。

そのためIT初心者が基礎知識を身につけるためには、ITパスポートが一番有効的です!

IT以外の分野の知識も身に付く

ITパスポート試験では、ITに関する基礎知識以外に「経営戦略・リスクマネジメント・財務」に関しても問われます。

そのため、IT以外の分野の知識を勉強する必要があるため、勉強するにつれ自然と上記の知識も身に付くでしょう。

上記の知識が身に付くと、今までより視野が広がるので、職種などの選択幅も広がる可能性があります。

また、この知識はIT業界だけではなく、様々な業務や生活でも必ず役に立ってくる。

そのためIT以外の知識が身に付くことで視野が広がるため、多種多様な業界でも活躍できる!

③:国家資格なのでキャリアに箔が付く

ITパスポートは、国が認めた国家資格です。

国家資格と聞けばハードルが高いイメージがあるため、自分のキャリアに箔が付くこと間違いないです。

  • IT資格無しのIT初心者
  • IT国家資格取得済みのIT初心者

上記2人を比べると、後者の方がなぜかカッコよく期待の新人感みたいなイメージが強いですよね。

また、資格マニアの方は国家資格を取ることで自分のモチベーション維持にも繋がるでしょう。

そのため自身のキャリアに箔をつけたい方は、まずITパスポート資格を取得すれば簡単に箔が付く!

キャリア面のメリット一覧

キャリア面のメリット
ITに関する基礎知識が身に付く
IT以外の分野の知識も身に付く
国家資格なのでキャリアに箔が付く

仕事面のメリット2選

仕事面では以下2つのようなメリットがあります。

  • ①:就職・転職で武器になる
  • ②:ITリテラシーが身に付き成長スピードがアップする

①:就職・転職で武器になる

仕事面の1番のメリットとしては、転職や就職活動の際に必ず武器になる。

転職や就職の際は必ず履歴書を書くと思いますが、IT業界では資格の種類が多いため、企業の人事担当は資格欄を必ずチェックします。

例えば以下2つのパターンだとどうでしょう。

  • リ高学歴だけどITに関する資格や知識が全くない
  • 高学歴ではないけどITに関する知識もありIT資格も持っている

上記2人の場合、もちろん後者の方が印象は良くやる気が伝わってきますね。

企業の人事担当もプロなので、表面上の薄っぺらい人と、本当にやる気がある人くらい簡単に見破ることができます。

人事担当の判断基準として特に見られるている箇所は、行動力です。

そのため、ITパスポートを取得することでやる気や行動力を認められ、就職や転職ではかなり武器となる!

②:ITリテラシーが身に付き成長スピードがアップする

IT初心者が成長スピードを上げる1番の鍵は、ITに関する全体像を理解すること。

今後、様々なITの業務を行なっていく上で勉強は必要不可欠となります。

もちろんITパスポートを取得した後には、既にITの基礎知識が身に付いているはずです。

この基礎知識は、今後IT業界で仕事をしていく中で必ず自分自身のベースとなるでしょう。

ベースを身に付けることで、理解度や成長スピードは周りと比べても群を抜いて早くなっているはずです。

そのため、ITパスポート取得することでITリテラシーが身に付き今後の成長スピードがアップする!

仕事面のメリット一覧

仕事面のメリット
就職・転職で武器になる
ITリテラシーが身に付き成長スピードがアップする

将来性面のメリット3選

仕事面では以下3つのようなメリットがあります。

  • ①:IT化が進む現代では今後必須となる
  • ②:今後の仕事や他業界でも必ず活かせる
  • ③:上位資格を取得する際に役に立つ

①:IT化が進む現代では今後必須となる

ITパスポート資格を取得するにあたって、この資格には将来性があるのか気になりますよね。

結論、ITパスポートには将来性しかないです!

なぜなら、IT化が進む現代ではIT業界へ働く人材の需要は高まり続けるため、IT業界には将来性しかないです。

したがって、ITに関する基礎知識が証明できる国家資格は今後も需要が高まって行き続けるでしょう。

また、IT業界では人材不足が懸念されていて問題を解決するために国を上げて対策を現在行っています。

そのため、IT化が進み続ける現代ではITパスポートの必要性が高まっているため将来性しかないと言える!

②:今後の仕事や他業界でも必ず活かせる

ITパスポートで身につけた知識は、今後の仕事や他業界でも活かすことが可能です。

最初に説明したようにITパスポートでは、IT以外に経営戦略、リスクマネジメント、財務といった知識も身に付く。

また、現代ではIT業界以外の他業界でもIT技術を活用している業界がほとんどとなっています。

なのでもし、IT業界が合わなく他業界へ転職することになったとしても、ITパスポートで学んだ知識を活かすことも可能です。

そのため、ITパスポート資格を取得することで、IT以外の業界でも学んだ知識は役に立つ!

③:上位資格を取得する際に役に立つ

IT資格はITパスポート以外にも無数の資格が存在します。その中でも、ITパスポートは一番レベルが低いです。

私が見てきた中では、ITパスポート資格を取得した後は次のレベルの「基本情報技術者・応用情報技術者」といった試験に向け勉強する方が8割ほどでした。

もし、次のレベルの資格を取得することになっても、ITパスポートの基礎基礎知識は必ず役に立つことが多いです。

そのため、上位資格を取得する際にITパスポートで得た知識が役に立つことも多く、資格を取得するまでのスピードも速くなる!

将来性面のメリット一覧

将来性面のメリット
IT化が進む現代では今後必須となる
今後の仕事や他業界でも必ず活かせる
上位資格を取得する際に役に立つ

ITパスポート資格取得のデメリット

ITパスポート資格取得のデメリット

IT資格のメリットは分かったが、デメリットもあるはずだと思っている方に向けて、ITパスポート資格のデメリットも解説して行きます。

私が考えるデメリットは主に以下3つ

  • 専門性を証明することは出来ない
  • 外資系企業や海外では通用しない
  • 試験を受験するのに費用がかかる

順番に詳しく見ていきましょう。

デメリット要素①:専門性を証明することは出来ない

ITパスポートは、ITに関する基礎知識を持っている証明にはなるが、決して専門性を証明する資格ではないです。

運転免許で例えると、原付の免許証みたいなイメージ!

ITパスポートの概要としては、社会人が身につけておくべきITに関する全般的な基礎知識となっています。

なのでITパスポートを取得したからといって「〇〇が得意です!」とはならないわけです。

そのため、ITパスポートは専門性を証明することができない。

デメリット要素②:外資系企業や海外では通用しない

ITパスポートは、国が認めた国家資格ですので、海外での認知度は無に等しいです。

なので、外資系企業や海外留学の時に必要なレジュメ(海外用の履歴書)ではあまり効果はないです。

海外でも通用するIT資格は、MOS(Microsoft Office specialist)やCCNなどが挙げられる。

そのため、外資系企業や海外留学を目指している方はそちらの資格を検討した方が良いです。

デメリット③:試験を受験するのに費用がかかる

ITパスポート試験は、決して無料で取得できる資格ではないです。

金額は、5700円(税込)となっているため、受験には費用がかかります。

自己投資として考えれば、それほど大きな金額ではないです。

それでもお金は払いたくないなって方は、IT未経験でも働けるIT企業へ就職すると会社負担で取得することも可能です。

そのため、ITパスポート試験は受験費用がかかるので無料ではない。

仕事面のデメリット一覧

デメリット
専門性を証明することは出来ない
外資系企業や海外では通用しない
試験を受験するのに費用がかかる
関連記事
ITパスポート取得しても意味ない?「結論:意味のない資格なんてない。」
ITパスポートって意味ないの?「結論:意味のない資格なんてない」

まとめ:IT未経験者にはメリットが多い

【受験者必見】ITパスポート資格を取得するメリットは?デメリットは?まとめ

ITパスポート資格取得のメリットデメリットは上記内容で以上となります。

それでは今回の内容をまとめていきましょう!

まとめ

  • ITパスポートは、キャリア面、仕事面、将来性面の3点にメリットがある。
  • ITパスポートのデメリットは、専門性なし、外海で不活躍、有料の3点があげられる。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の内容が、役に立ったな!と思ったらシェア&ブクマ登録よろしくお願いします。

また、質問や問い合わせに関しては、コメント欄かお問い合わせフォームを活用ください。

それではまたお会いしましょう。

黄島 成
Pick Up
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】

-ITパスポート
-