ITパスポートとはどんな資格?なんのための試験?基本情報を徹底解説!

ITパスポートとはどんな資格?なんのための試験?基本情報を徹底解説!
ハテオ君

ITパスポート資格ってどんな資格?試験はどんな内容が出題されるの?全体的な基本情報が知りたいなぁ。

今回はこの悩みを解決していきます。

本日の記事テーマ

ITパスポートの基本情報~試験概要までを徹底解説します!

IT業界へ挑戦するならIT全般の基礎知識が必要になってきます。

そんな時に役に立つ資格が、ITパスポートです。

これからIT業界へチャレンジする方には是非挑戦してみてほしいIT資格の1つですので、今回の記事で詳しく解説していきたいと思います。

本日の記事内容

上記内容を理解しITパスポートの全体像を一緒に把握していきましょう。

元中卒の私が誰でも理解できるように解説していきます。
それでは早速見ていきましょう!

黄島 成

ITパスポートとはどんな資格?

ITパスポートを簡単に言うとITを利用する側の資格です。
別名「iパス・IP」とも呼ばれる。

具体的には、社会人が知っておくべきITに関する基礎的知識を持っていますという証明になる国家資格です。

例えば、海外へ旅行に行く時はパスポートが必要になりますよね。

そのパスポートのようなものだと覚えていただければ問題ないです。

ITパスポートは「IT社会へのパスポート」です。

ITパスポートの目的

ITパスポート試験の公式では以下のように記載されております。

「ITパスポート」という名前には強い思いが込められています。

日本から世界に羽ばたく際に身分を証明するために「パスポート」が必要であるように、IT化が進んだ現代社会に羽ばたくために社会人として必要な基礎的能力を有していることを国が証明する試験(パスポート)として「ITパスポート」が誕生しました。

これから社会人となる学生や、いま社会で働く社会人に、ぜひ挑戦してもらいたい試験です。

社会で活躍するための「パスポート」です。

簡潔にまとめると以下通り。

「現代社会では、ITの基礎知識は必須なので、ITの知識を持っている証明のできる国が認めた資格。社会人になる方や現社会人の方は是非挑戦して欲しい試験です。」

というのがITパスポートの目的となっています、

ITパスポート試験の歴史

ITパスポート試験は、2009年からスタートしました。

ITパスポート試験の特徴としては、国家試験で初めてCBT方式を使った試験です。
(CBT方式とは、パソコンを使った試験のこと)

以前までは、筆記式の試験でしたが、CBCを方式を採用する事で、全国で試験を行う必要がなくなり随時試験を受験することが可能になりました。

そのため、年々受験者数も増加していき、令和2年では約10万人超にも及びました。

今後もIT化が進むと予想されているので、受験者数もさらに伸びていくでしょう。

ITパスポート取得を目指す人はどんな人?

ITパスポートがどんな資格かは、上記内容である程度理解できたかと思います。

次は、どんな人たちがITパスポートを取得しようとするのかを共有していきます。

IT業界へ転職&就職を目指す方

ITパスポートの受験者のほとんどがIT業界で働くために取得しています。

IT企業は、IT未経験者をあまり採用しません。

未経験OKという求人もあるが、ある程度ITリテラシーがあってIT機器に詳しくないとまともなIT職には就けません。

そのため、まずは基礎知識の勉強をしてITパスポートを取得後に転職や就職をしようと考える方が多い印象です。

IT資格の入門として挑戦する方

IT資格の中にはITパスポート以外にも様々な資格があります。

そんな資格の中でもITパスポートは一番レベルが低いため「入門資格」とも言われています。

IT資格のレベル

ITパスポートの難易度レベル

上記のようにITパスポートは一番レベルが低いです。

そのため、目的の資格を取得するためにITパスポートを足かせとして受験する人も多いです。

IT業界に入社して研修中に受験する方

IT完全未経験でもIT業界で働く事は可能です。

しかし、未経験から入職すると最初に待ちうけるのが「研修期間」です。

研修では、ITの基礎知識や業務などの研修をする場合が多いですが、必ずと言っていい程ITパスポートの取得を勧められます。

もしくは、ITパスポートは取得してくださいと半強制的な企業もあります。

そのため、研修中に受験する方も多い印象です。

ITパスポートを取得するメリット

ITパスポートを取得することで、どんなメリットがあるのか気になる方も多いと思います。

そこで次は、ITパスポートのメリットについて共有していきます。

メリット

  • 効果的にITを利用するIT力が身に付く
  • IT業界で働き始めるときに即戦力となる
  • 転職や就職活動のときに武器となる

それでは順番に詳しく見ていきましょう。

メリット①効果的にITを利用するIT力が身に付く

正しいIT知識を身に付けることで、嘘の情報と正しい情報を見極めることが出来るようになります。

そのため、日常生活を送る上でのITを効果的に利用できる能力が勉強と共に身につきます。

例えば、現代ではネットで騙される方がかなり多いですよね。

騙されたり、詐欺に合う方達の1番の原因としては、圧倒的な知識不足です。

正しいIT知識が身に付けば、ネット詐欺などに引っかかることは無なくなります。

さらに、身に付けた知識を有効活用すれば、より生活も豊かになってくるでしょう。

このIT力は自己防衛となり自分の利益にも繋がります。まさに一石二鳥ですね。

メリット②IT業界で働き始めるときに即戦力となる

現代では、どのような職種でもITと経営全般に関する総合的な知識が必要不可欠となっています。

事務系・技術系・文系・理系問わず、ITの基礎知識がなければ、即戦力として社会で活躍するのは難しいと思います。

ただ、基礎を正しく知っておくことで、知識やIT技術の吸収量が格段と上がります。

スポーツでも、基礎が一番大事です!
有名野球選手のイチローだって、毎日素振りをやるくらい基礎にこだわっています。

業界は違えど、活躍している人達の共通点は基礎をどれだけ極めているかだと私は思います。

つまり、ITパスポートを取得すると、基礎が身につくから即戦力としてIT業界でも活躍していくでしょう。

メリット③就職や就職活動のときに武器となる

現代ではグローバル化により、ITの高度化は加速し続けています。

企業は英語力」と共にIT力」を持った人材を求めています。

未経験でもIT業界に入る事はできますが、視野がかなり狭くなります。

そんな時に、ITパスポートがあると就職や転職にはとても有利な武器になります。

未経験から入社した場合は、研修などで基礎講座から最初に始めないといけないです。

ITパスポートを取得していれば、研修しなくても良いので企業側としてもうれしいですよね。

そのため、ITパスポートを取得すれば、必然的に転職や就職できる確率は上がります。

メリットまとめ

  • 効果的にITを利用するIT力が身に付く
  • IT業界で働き始めるときに即戦力となる
  • 転職や就職活動のときに武器となる

上記3つのメリットをざっくり紹介しましたが、絶対に必要かと言われたら絶対ではないです。

ただ、就活や転職の場面や勉強にもITパスポートは役に立ちますので、IT未経験者の方は取っておくことをおすすめします。

ITパスポート 資格 デメリット

メリットはあるが、デメリットはあるのか気になりますよね?

結論、ITパスポート資格を取ることでデメリットはあまりないです。

しかし、どうしてもデメリットも知りたいと思われる方のために私なりのデメリット要素を紹介したいと思います。

デメリット

  • 専門性や技術は証明できない
  • グローバルでは活かせない

順番に詳しく見ていきましょう。

デメリット①専門性や技術は証明できない

ITパスポートは、運転免許で例えると原付の免許証みたいなイメージです。

ITパスポート以外にも様々なIT資格がありますが、ITパスポートは専門的な知識や技術を証明できる資格ではありません。

あくまで、IT全般の基礎的な知識を証明しかできない資格です。

なので、もし面接の時などに私はITパスポートを持っていますので実務には自信がありますなど言ったらえ?ってなるので注意が必要です。

デメリット②グローバルでは活かせない

ITパスポートは、国が認めた国家資格です

ただ、海外での認知度は無に等しいです。

なので、外資系企業や海外留学の時に必要な「レジュメ(海外用の履歴書)」ではあまり効果はないです。

海外でも通用するIT資格は、MOS(Microsoft Office specialist)やCCNなどが挙げられます。

そのため、外資系企業や海外留学を目指している方はそちらの資格を検討した方が良いですね。

つまり、就職や転職のために取得しようというより、自分のために取得しようと考える方が正しいかもしれません。

メリット・デメリットをもっと知りたい方は【受験者必見】ITパスポート資格を取得するメリットは?デメリットは?をご覧ください。

ITパスポート試験の概要

ITパスポート試験の概要

試験内容概要
試験時間120分
テスト方式CBT方式
出題形式多肢選択式(四肢択一)
出題分野と問題数ストラテジ系:経営全般
マネジメント系:IT管理
テクノロジ系:IT技術

ITパスポート試験のテスト方式と出題形式

ITパスポートの試験は、CBT方式で行われます。

CBT試験とはPCを利用した試験で、問題用紙やマークシートを使わずコンピュータで受験する方式の試験です。

問題の解答方法は、四肢択一式で出題されます。

四肢択一式とは4つの選択肢の中から1つを選ぶ解答方法ことです。

ITパスポート試験の出題分野

全部で100問の問題があり主に以下の3つの分野に分けられています。

出題分野

種類問題数内容
ストラテジ系経営全般が35問程度企業活動/法務/経営戦略マネジメント/技術戦略マネジメント/ビジネスインダストリ/システム戦略/システム企画
マネジメント系IT管理が20問程度システム開発技術/ソフトウェア開発管理技術/プロジェクトマネジメント/サービスマネジメント/システム監査
テクノロジ系IT技術が45問程度基礎理論/アルゴリズムとプログラミング/コンピュータ構成要素システム構成要素/ソフトウェア/ハードウェア/ヒューマンインタフェース/マルチメディア/データベース/ネットワーク/セキュリティ

上記3つの分野で出題内容は構成されています。

各分野の詳細は【初心者必見】ITパスポート試験で出題される範囲を全て公開します!をご覧ください。

ITパスポートのよくある質問集

誰でも試験を受けれるの?

特に受験の条件はないので誰でも受験可能です。

偏差値はどのくらい?

偏差値は45くらいです。

受験費用は?

受験費用:5700円(税込み)になっています。

支払い方法は、クレジットカード、コンビニ決済、バウチャーが可能です。

試験申し込み方法は?

ITパスポート試験の申し込み方法は以下手順です。

  • 利用者IDの登録
    公式サイトへアクセスして、利用者情報の登録を行い、利用者IDを発行する。
  • 受験申し込み
    試験会場・試験日・時間帯・お支払い方法を選択し受験の申し込みを行う。
  • 必要書類のダウンロード
    申し込みが完了すれば、確認票・領収書のダウロードして試験に備える

ITパスポート試験の申し込み方法を詳しく知りたい方は【写真で解説】ITパスポート試験の申し込み方法の手順〜よくある質問集!をご覧ください。

まとめ:ITパスポートはIT社会へのパスポート

ITパスポートの基本情報ついては上記内容で以上となります。

それではまず今回の内容をまとめていきましょう。

まとめ

  • ITパスポートとはIT社会へのパスポート
  • 取得する方は「IT業界への挑戦者、資格の足かせ、研修期間」がほとんど
  • 取得するメリットは、ITの基礎が学べ転職&就職の武器になり即戦力として働ける
  • 逆にデメリットは、専門性は証明できず海外では意味ない

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の内容が、役に立ったな!と思ったらシェア&ブクマ登録よろしくお願いします。

また、質問や問い合わせに関しては、コメント欄かお問い合わせフォームを活用ください。

それではまたお会いしましょう。

黄島 成
Pick Up
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】

-ITパスポート
-