IT初心者が最短でITパスポート試験に合格する方法【再現性高め】

初心者が最短の勉強時間でITパスポートに合格する方法【再現性高め】
ハテオ君

IT初心者だけどITパスポートを最短で取得してIT業界で働きたい!でも、どうすれば最短で合格できるのか見当もつかないや...。

今回はこの悩みを解決します!

本日の記事テーマ

IT初心者が最短でITパスポート試験に合格する方法を徹底解説!

ITパスポートを最短で取得し、早くIT業界で働きたいと思っていませんか?

最短合格するためには、試験勉強をいかに効率良く行うかが一番の鍵となります。

誤ったやり方では最短合格まで遠くなるばかりですので、今回の内容を参考に最短合格を目指していきましょう。

本日の記事内容

  • ITパスポートは最短2週間~1ヶ月の間で合格できます
  • 最短で合格できない人の特徴を理解しよう
  • 独学で最短合格するには、参考書が一番効率が良い
  • 独学が不安、自己管理が苦手な方は通信講座に頼るべし

今回の内容は中卒でも出来るやり方なので誰でもすぐ実践可能です。

ITパスポートの効率よい勉強方法を身に付け実践し、最短合格を目指していきましょう!

元中卒の自分が、誰でも理解できるように開設していきます。

それでは早速見ていきましょう。

黄島 成

ITパスポートは最短で2週間~1ヶ月の間で合格が可能!

ITパスポートは最短で2週間~1ヶ月の間で合格が可能!

結論、ITパスポートは最短「2週間~1ヶ月」で合格が可能です。

その理由は以下通りです。

  • IT資格の中で一番難易度が低い
  • 出題範囲はITに関する基礎部分のみ
  • 合格ラインが高くない
  • 勉強時間の平均が大体100時間

それでは順番に詳しく見ていきましょう。

最短2週間~1ヶ月の間で合格できる理由①IT資格の中で一番難易度が低い

ITパスポートは、高校生~20代の社会人といった若い世代に人気のIT国家資格です。

IT資格には様々な資格がありますが、数多くのIT資格の中でも難易度が一番低い試験となっています。

合格率も高校生~社会人合わせても50%以上と国家資格にしてはかなりハードルは低いと言えますね。

また、ITパスポート試験の出題形式は、四肢択一式(4つの選択肢の中から1つを選ぶ)回答方式です。

そのため、ある程度の基礎知識があれば4つの中から一番近いものを選べばいいだけなのでそこまで難易度は高くない試験です。

最短2週間~1ヶ月の間で合格できる理由②出題範囲はITに関する基礎部分のみ

ITパスポート試験の出題範囲は、専門的な知識ではなくITに関する基礎部分のみです。

例えば、IT技術の仕組みや特徴」「システムの管理方法やセキュリティー対策などのIT業界で働く基礎部分がほとんどです。

出題範囲の詳細

出題分野内容
ストラテジ系企業活動/法務/経営戦略マネジメント/技術戦略マネジメント/ビジネスインダストリ/システム戦略/システム企画
マネジメント系システム開発技術/ソフトウェア開発管理技術/プロジェクトマネジメント/サービスマネジメント/システム監査
テクノロジ系基礎理論/アルゴリズムとプログラミング/コンピュータ構成要素システム構成要素/ソフトウェア/ハードウェア/ヒューマンインタフェース/マルチメディア/データベース/ネットワーク/セキュリティ

ITパスポートはIT社会へのパスポートと呼ばれるくらいです。

専門知識ではなく基礎部分が主に問われるため、最短2週間~1ヶ月の間で基礎知識を身に付けることは十分可能です。

最短2週間~1ヶ月の間で合格できる理由③合格ラインが高くない

ITパスポート試験の合格ラインは1000点満点中/600点位以上を獲得すれば合格となります。

つまり、問題の3割以上が正解していれば合格となります。

しかしITパスポート試験では、3分野の総合点600点以上である必要があります。

合格ラインの詳細

評価合格ライン
総合(100問)600点以上/1000点満点
ストラテジ系(35問)300点以上/1000点満点
マネジメント系(20問)300点以上/1000点満点
テクノロジ系(45問)300点以上/1000点満点

上記のように半分とちょっと正解するだけで合格できるというわけです。

しかも、テキスト回答ではなく四肢択一式の回答形式となっているので3割以上正解するのはそこまで難しくないはずですね。

最短2週間~1ヶ月の間で合格できる理由④勉強時間の平均が大体100時間

ITパスポートに合格するまでの勉強時間の平均目安は大体100時間と言われています。

100時間という目安には若干個人差がありますが、国家資格の試験勉強の目安としてはかなり短い方でよね。

例:会社員が勉強する場合

会社員では、勤務時間と通勤時間を合わせて1日だいたい10時間くらい仕事に時間を費やします。

そのため、勤務時間以外の自由時間は14時間です。睡眠が7時間、食事とお風呂の2時間とすると残り6時間です。

6時間×2週間(14日)=84時間

基本的に会社員であれば、週休2日だと思いますので、休日に12時間勉強すると仮定した場合。

(6時間×仕事日10日)+(12時間×休4日)=108時間

上記のように勉強を進めていけば2週間で合格が可能です。

ちょっとストイックではありますが、最短で合格を目指すなら上記のペースで勉強していかないと厳しいですね。

「流石にストイックすぎるから勉強時間を半分にしよう!」とペースを半分にしても1ヶ月という期間で十分ですね。

そのため、平均勉強時間から逆算しても最短2週間~1ヶ月の間で合格は可能と言えます。

【失敗事例】最短で合格できない人の特徴

「失敗事例」最短で合格できない人達の特徴

上記で説明したようにITパスポートは最短2週間~1ヶ月の間で合格は可能です。

とはいっても、誰しもが最短で合格するとは限りません。

最短で合格できない方の特徴としては、間違った勉強方法をしてしまうケースが多いからです。失敗しないためにも間違った勉強方法は抑えておきましょう。

よくある失敗事例

  • 参考書選びに失敗し理解に苦しむ
  • アウトプットが足りず本番で苦戦
  • 重要ではない箇所に時間をかける

順番に詳しく見ていきましょう。

よくある失敗事例①参考書選びに失敗し理解に苦しむ

ITパスポートは独学する人がかなり多いです。

独学にはいろんな勉強方法がありますが、一番多いのが参考書を使った勉強方法です。

ただ、参考書にはたくさんの種類があるため参考書選びに失敗して理解に苦しむ人がかなり多いです。

理解ができなければただ時間を無駄にしているだけですよね。

参考書のタイプには「漫画・イラスト・論文・練習問題」といった様々なタイプがあります。

「漫画派」「小説派」といった好みや自分に合った本があるように、参考書にも自分に合ったものがあります。

そのため、自分に合った参考書を見つけ出すことが参考書で独学する際は重要です。

よくある失敗事例②アウトプットが足りず本番で苦戦

これも結構多いのですが、基礎知識のインプットしかしない人は問題慣れしていなく本番で必ず苦戦します。

勉強する時はインプットとアウトプットを効率よく行う必要があります。

理想としては「インプット6割+アウトプット4割」くらいがおすすめです。

参考書で独学する効率の良い手順

  • まず参考書をざっと流し読みする
  • 練習問題にチャレンジ
  • 間違った箇所を調べる
  • ②と③をひたすら繰り返す

参考書の場合は上記のような手順で勉強する方が一番頭に入りやすいです。

また、問題慣れもするので試験本番ではすらすらと回答できるようになります。

よくある失敗事例③重要ではない箇所に時間をかける

IT未経験の方は全てをしっかりと理解しようと頑張りますが、時間を割いている部分がそこまで重要ではない時が多いです。

ましてやそこは出題されないよ!という部分に時間をかけているケースがほとんどです。

もちろん出題されない箇所を勉強していてもあまり意味がありません。

例えば、試験では〇〇の特徴として適切なものはどれか。という問題が問われることが多いが、〇〇の種類や歴史なども徹底的に調べる人とかですね。

基本的に〇〇とは〇〇という感じで答えることができれば問題ないです。

試験に落ちる方の特徴を知りたい方は【当てはまる方注意】ITパスポート不合格者によくある共通の特徴3選!をご覧ください。

初心者が独学で最短合格するには参考書が一番効率が良い

独学で最短合格するには参考書が一番効率が良い

ITパスポートは独学で合格することは十分に可能です。

独学方法には専門サイトを活用だったり過去の問題集を解きまくるといった勉強方法がありますが、

独学するなら参考書が一番効率が良いです。

独学には参考書が良い理由

  • 必要な部分のみピンポイントで学べる
  • 情報の正確性がかなり高い
  • テキストと過去問題が基本セット
  • 勉強する箇所がスクールと変わらない

基本的に独学するならテキストと過去問題がセットの参考書1冊でほぼ十分です。

参考書では、テキストと問題集がセットのタイプが多く、資格の通信講座と学ぶ箇所はさほど大差がないです。

値段も1000円~3000円以内と比較的に安く、値段の割には費用対効果がかなり高い方ですね。

独学で最短合格するぞ!って方は参考書を選ぶことをおすすめします。

失敗しない参考書の選び方

参考書選びに失敗しないためにも選び方のポイントは抑えておきましょう。

参考書選びのポイント

  • 未経験でも理解できる参考書
  • テキストと過去問題集がセットなもの
  • 購入者の評価や結果をチェックする
  • 未経験者の場合イラスト主体の参考書が良い

上記ポイントを抑えた上で参考書を選ぶとほぼ失敗はしないでしょう。

基本的に初心者の方はイラスト豊富な参考書の方が理解しやすく、学習スピードもアップするのでおすすめです。

参考書で最短合格を目指すなら「キタミ式」一択です

キタミ式は、ITの基礎知識~IT技術の仕組みまでイラストベースで初心者でもわかりやすく解説している参考書です。

参考書の中でもダントツでわかりやすく、IT未経験でも比較的理解できるので結構おすすめですね。

また、過去に出題された内容も収録されているため、インプット&アウトプットを効率的に行えるため、独学を考えている方はキタミ式イラストIT塾1冊で問題ないでしょう。

ちなみにAmazonで購入すると、読者特典として答えを隠せるしおりもあるみたいなのでお得ですよ。

楽天価格Amazon価格Yahoo価格タイプページ数サイズ問題
イラストおすすめ度

キタミ式イラストIT塾
2,068円(税込)2,068円(税込)参考書×問題集488ページA5判ありあり

参考書のランキングが知りたい方は【2021最新版】ITパスポートおすすめ参考書ランキング厳選3選!をご覧ください。

独学が不安、自己管理が苦手な方は通信講座がおすすめ

独学が不安、自己管理が苦手な方は通信講座がおすすめ

独学ではちょっと自信ないし不安だなぁって方は通信講座を活用することをおすすめします。

IT未経験者に通信講座をオススメする理由

  • マニュアル通りに学んでいけば失敗しない
  • 現在の進捗を確認出来るため、成長スピードが分かる
  • 合格するまでに必要な学習方法が全部揃っている
  • 基本オンライン対応なのでスマホ学習で時間の有効活用が可能
  • 文字より音声で学ぶ方が理解度は高くなる

独学は結局、自己管理ができる人でないと必ず挫折します。

IT未経験の場合だと何を学べばよいのか?どの情報が正しいのか?を明確に理解することはかなり難しいです。

そのため全くのIT未経験者の場合は、通信講座に頼るべきですね。

失敗しない通信講座の選び方

通信講座を利用する時には失敗しない通信講座の選び方を押さえておきましょう。

通信講座選びのポイント

  • テキストや動画教材のサンプルをチェック
  • 担当講師の実績や専門性をチェック
  • サポート体制は充実しているのかをチェック
  • 受講者の高確率や評価をチェック
  • 受講料が安すぎないか、または高すぎないかチェック

上記ポイントを抑えた上で通信講座を選ぶと失敗することはないでしょう。

個人的には、分からない箇所があればすぐに聞ける環境が整っているところがIT初心者には良いとかと思います。

基本的に無料サンプルや無料体験などがあるので、一度体験して決めるのもアリですね。

通信講座で最短合格なら「スタディング」がおすすめ

スタディングは受講者10万人を突破した、オンライン資格講座のシェア率No.1の人気の通信講座です。

完全オンライン完結で学習フローがしっかり設定されてるため、顧客満足度の非常に高い通信講座です。

通信講座の費用は10000円以上が一般的ですが、スタディングは7920円と費用的にもかなり優しい印象です。

しかし費用に対して、学習教材のクオリティーはかなり高く、独自のツールやアプリも充実しているため、コストパフォーマンスは抜群ですね。

そのため、IT未経験者でも、無理なく最短で合格できると思います。
»スタディング無料体験はこちら

ランキングで通信講座を比較したい方は【2021年最新版】ITパスポートおすすめ通信講座ランキング厳選3選!をご覧ください。

まとめ:最短合格するには勉強方法が一番大切

まとめ:最短で合格するなら、独学=「参考書」IT未経験=「スクール」

最短でITパスポート試験に合格する勉強は上記内容で以上となります。


それでは今回の内容をまとめていきましょう。

まとめ

  • ITパスポートは最短で2週間~1カ月で合格は可能
  • 勉強教材の選び方・アウトプット・ピンポイントで学習することが最短合格の鍵
  • 独学で最短合格するなら参考書。
  • おすすめはキタミ式イラストIT塾
  • 独学は不安だけど最短合格したいなら通信講座。
  • おすすめはスタディング

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の内容が、役に立ったな!と思ったらシェア&ブクマ登録よろしくお願いします。

また、質問や問い合わせに関しては、コメント欄かお問い合わせフォームを活用ください。

それではまたお会いしましょう。

黄島 成
Pick Up
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】

-ITパスポート
-