【確認問題集:ソフトウェア編】〜IT未経験者の第三関門〜

【確認問題集:ソフトウェア編】〜IT未経験者の第三関門〜
ハテオ君
ソフトウェアについてある程度理解できたからアウトプットしたいな!

そんな方は今回へ向けてアウトプット素材をご準備しました。

本日の問題テーマ

【確認問題集】IT未経験者の第三関門〜ソフトウェア編〜

本日の対象者

  • IT未経験からIT業界へ挑戦しようとしている方
  • ソフトウェアの基礎知識を持っている自信のある方
  • アウトプットとして問題集を活用したい方
  • IT資格を取得しようとしている方

今回の確認問題は以下ステップの順番で問題を作成しています。

今回の確認問題

また各問題の箇所に回答解説と詳細記事を貼っていますので是非活用してください。

黄島 成
それでは早速挑戦していきましょう!

確認問題①:ソフトウェアとOSS

確認問題

ソフトウェア確認問題①

「次へ」で問題スタート!

①解説

【問題①】

デバイスドライバの役割として、適切なものはどれか。

:アプリケーションプログラムの要求に従って、ハードウェアを直接制御する。
正解○
:実行を待っているタスクの中から、に実行するタスクを決定する。
不正解× スケジューラの役割
:複数のウインドウの、画面上での表示状態を管理する。
不正解× ウィンドウマネージャの役割
:利用者が入力するコマンド文字列を解釈して、対応するプログラムを起動する。
不正解× OSのシェルの役割

【解説】

デバイスドライバとは、周辺機器をパソコンで利用するために必要なソフトウェアです。

具体的には、PCに接続した周辺機器をアプリケーションソフトから利用できるようにするために、OSと周辺機器を仲介する目的で周辺機毎に用意されるソフトウェアです。

アプリケーションは、デバイスドライバを介してプログラム上からハードウェアを操作できるようになっています。

つまり答えは「」となる。

②解説

【問題②】

システムが単位時間内にジョブを処理する能力の評価尺度はどれか。

:MIPS値
不正解× CPUが1秒間に実行できる命令数を百万回単位で表した指標
:応答時間
不正解× 利用者がシステムへの処理要求を全て完了した時点から、システムが最初の反応を返すまでの時間
:スループット
正解○
:ターンアラウンドタイム
不正解× システムへの処理要求を開始した時点から、すべての応答出力を受け取るまでの時間

【解説】

システムの能力を向上させるための評価指標として以下3つがあります。

  • スループット
  • 単位時間あたりに処理される仕事の量のことです。
  • ターンアラウンドタイム
  • 一連の仕事コンピュータに依頼してから、完全な処理結果を受け取るまでにかかる時間をいいます。主にパッチ処理で使われる指標です。
  • レスポンスタイム
  • コンピュータシステムに対しての問い合わせ、または要求の終わりを指標してから、利用者端末に最初の処理結果のメーセージが出始めるまでの時間をいいます。

この3つを合せて「応答時間」と呼ばれ、主に「オンライントランザクション処理(データ入力と検索)」で使われる指標です。

つまり答えは「」となる。

③解説

【問題③】

GPLの下で公開されたOSSを使い、ソースコードを公開しなかった場合にライセンス違反
となるものはどれか。

:OSSとアプリケーションソフトウェアとのインタフェースを開発し、販売している。
不正解× 改変されていないため、ソースコードを公開する必要はなし
:OSSの改変を他社に委託し、自社内で使用している。
不正解× 公開義務は他社にある
:OSSの入手、改変、販売をすべて自社で行っている。
正解○
:OSSを利用して性能テストを行った自社開発ソフトウェアを販売している。
不正解  改変されていないため、ソースコードを公開する必要はなし

【解説】

OSSの特徴は「ソフトウェアを独占せず、みんなで改良して共有の財産にしよう」という制約です。

  • 改変後の再頒布の際に元のソフトの著作権表示部分やライセンス条文は残すこと
  • 著作権を保持したまま「プログラムの複製・改変・頒布」を制限せず、そのプログラムから派生した2次著作物(派生物)にはオリジナルと同じ頒布条件を適応する
  • 無保証であること

つまり答えは「」となる。

ソフトウェアとOSSについておさらいがしたい方は【ソフトウェアとOSS】階層構造と機能~OSの目的とOSSまで解説!をご覧ください。

確認問題②:OSの管理機能

確認問題

ソフトウェア確認問題②

「次へ」で問題スタート!

①解説

【問題①】

スプーリング機能の説明として、適切なものはどれか。

:あるタスクを実行しているときに、入出力命令の実行によってCPUが遊休(アイドル)状態になると、ほかのタスクにCPUを割り当てる。
不正解× マルチタスクの説明
:実行中のプログラムを一時中断して、制御プログラムに制御を移す。
不正解× 割込みの説明
:主記憶装置と低速の入出力装置との間のデータ転送を、補助記憶装置を介して行うことによって、システム全体の処理能力を高める。
正解○
:多数のバッファからなるバッファプールを用意し、主記憶にあるバッファにアクセスする確率を上げることによって、補助記憶装置のアクセス時間を短縮する。
不正解× ディスクキャッシュの説明

【解説】

スプーリングとは、入力装置やCPUなどの処理効率向上を図るための機能です。

具体的には、入出力データを一時的に補助記憶装置に蓄え、CPUや出力装置の空き時間に処理する機能のことを指す。

つまり答えは「」となる。

②解説

【問題②】

優先度に基づくプリエンプティブなスケジューリングを行うリアルタイムOSで、二つのタスクA、Bをスケジューリングする。Aの方がBより優先度が高い場合にリアルタイムOSが行う動作のうち、適切なものはどれか。

:Aの実行中にBに起動がかかると、Aを実行可能状態にしてBを実行する。
不正解× Aの実行が継続される
:Aの実行中にBに起動がかかると、Aを待ち状態にしてBを実行する。
不正解× Aの実行が継続される
:Bの実行中にAに起動がかかると、Bを実行可能状態にしてAを実行する。
正解○
:Bの実行中にAに起動がかかると、Bを待ち状態にしてAを実行する。
不正解× Bは実行可能状態に移される

【解説】

プリエンティブとは、OSがタスクにCPUの使用権を与える方法で、現在主流の主流の処理方式となっています。

具体的には、優先度の高いタスクと実行状態のタスクを入れ替える方式です。

つまり答えは「」となる。

③解説

【問題③】

四つのジョブA~Dを次の条件で実行し印刷する。全ての印刷が完了するのは、ジョブを起動してから何秒後か。
〔条件〕
1 ジョブは一斉に起動され、多重度1で実行される。
2 優先順位はAが最も高く、B、C、Dの順に低くなる。
3 各ジョブの実行後,スプーリング機能が1台のプリンタを用いて逐次印刷を行う。
4 各ジョブを単独で実行した場合の実行時間と印刷時間は、表のとおりである。
5 その他のオーバヘッドは考慮しない。

ジョブ実行時間印刷時間
A5050
B3040
C2030
D4020

:100
:160
:190
:280

【解説】

CPU  :A(50)→B(30)→C(20)→D(40)
プリンタ:    A(50)→B(40)→C(30)→D(20)

設問の条件に従い、時間の経過に伴うCPUとプリンタの占有状態を分析すると上記のようになります。

問題ではプリンタの印刷が完了するまでの時間を問われている為以下の計算になる。

50(CPUのA)+50(プリンタのA)+40(..B)+30(..C)+20(..D)=190

つまり全ての印刷が完了するのは開始から190秒後の「」という答えになります。

OSの管理機能についておさらいがしたい方は【OSの管理機能】プロセス・記憶・ファイル・入出力の全管理機能を解説!をご覧ください。

確認問題③:プログラム

確認問題

ソフトウェア確認問題③

「次へ」で問題スタート!

①解説

【問題①】

コンパイラにおける最適化の説明として、適切なものはどれか。

:オブジェクトコードを生成する代わりに、インタプリタ用の中間コードを生成する。
不正解× 中間コードの目的は、後続のインタプリタが最適化を行いやすくするため
:コンパイルを実施するコンピュータとは異なるアーキテクチャをもったコンピュータで動作するオブジェクトコードを生成する。
不正解× クロスコンパイラの説明
:プログラムコードを解析して、実行時の処理効率を高めたオブジェクトコードを生成する。
正解○
:プログラムの実行時に、呼び出されたサブプログラム名やある時点での変数の内容を表示させるようなオブジェクトコードを生成する。
不正解× デバッガ(debugger)の説明

【解説】

コンパイラは、高水準言語で書かれた原始プログラム(ソースコード)を、一括して機械語のプログラムに翻訳する言語プロセッサです。

コンパイラによる最適化の主な目的は、プログラム実行時の処理効率を高めたオブジェクトコードを生成し、プログラムの実行時間を短縮することです。

つまり答えは「」となる。

②解説

【問題②】

Javaのプログラムにおいて、よく使われる機能などを部品化し、再利用できるようにコンポーネント化するための仕様はどれか。

:JavaBeans
正解○
:JavaScript
不正解×
:Javaアプリケーション
不正解×
:Javaアプレット
不正解×

【解説】

Javaの種類

名称概要
Java Servlet (サーブレット)Javaで開発されたプログラム。 クライアントの要求に応じてWebアプリケーションサーバ上で実行される。
JavaApplet (アプレット)Javaで開発されたプログラム。 WebサーバからダウンロードしてクライアントのWebブラウザ上で実行される。
JavaApplication (アプリケーション)Java VMが稼働している環境だけあれば、WebブラウザやWebサーバがなくても動作するプログラムです。
Java VM(仮想マシンン)Javaで開発されたプログラムを実行するインタプリタであり、Javaコンパイラが生成したバイトコードと呼ばれる中間コードを実行する機能をもっています。これにより、異なるハード ウェアや基本ソフトウェア上でも実行できます。
JavaBeans(ビーンズ)Javaで開発されたプログラムを再利用できるようにアプリケーションの部品として取り扱う ための規約です。

上記Javaの種類の中で再利用出来る使用はどれか?答えは「」ですね。

③解説

【問題③】

リンカの機能として、適切なものはどれか。

:作成したプログラムをライブラリに登録する。
不正解×:コンパイラの機能
:実行に先立ってロードモジュールを主記憶にロードする。
不正解×:ローダの機能
:相互参照の解決などを行い、複数の目的モジュールなどから一つのロードモジュールを生成する。
正解○
:プログラムの実行を監視し、ステップごとに実行結果を記録する。
不正解×:デバッガの機能

【解説】

リンカは、目的プログラムなどを組み合わせて、1つのロードモジュール(実行可能プログラム)を作成します。

この部分では「リンカ(リンケージエディタ)」が役割を担当します。

つまり答えは「」となる。

プログラムについておさらいがしたい方は【プログラム】プログラムの性質〜プログラム言語の種類と実行の流れまで解説!をご覧ください。

確認問題④:マルチメディアと標準化

確認問題

ソフトウェア確認問題④

「次へ」で問題スタート!

①解説

【問題①】

HTML文書の文字の大きさ,文字の色,行間などの視覚表現の情報を扱う標準仕様はどれか。

:CMS
不正解×
:CSS
正解○
:RSS
不正解×
:Wiki
不正解×

【解説】

HTMLは、Webページを記述するための言語であり「画像・音声・動画」などを含むページを表現できます。

最近では、HTMLで文書構造を記述し、「CSS(Cascading Style Sheets)」で見栄えをデザインすることが多くなっています。

CSSで出来ること

  • フォントや文字の大きさ
  • 文字飾り
  • 行間

つまり答えは「」です。

②解説

【問題②】

XML文書のDTDに記述するものはどれか。

:使用する文字コード
不正解×
:データ
不正解×
:バージョン情報
不正解×
:文書型の定義
正解○

【解説】

XMLは、HTMLの後継仕様のようなイメージで、HTMLのバージョンは4.01が最終バージョンとなっており、次世代がXMLになります。

特徴としては、双方向リンク可能なハイパーテキスト記述言語であり、文章の構造を文字型定義DTD:Document Type Definition」として記述することで、ユーザー独自のタグを定義できます。

つまり答えは「」となる。

③解説

【問題③】

AR(Augmented Reality)の説明として、最も適切なものはどれか。

:過去に録画された映像を視聴することによって、その時代のその場所にいたかのような感覚が得られる。
不正解× SR(Substitutional Reality,代替現実)の説明
:実際に目の前にある現実の映像の一部にコンピュータを使って仮想の情報を付加することによって、拡張された現実の環境が体感できる。
正解○
:人にとって自然な3次元の仮想空間を構成し、自分の動作に合わせて仮想空間も変化することによって、その場所にいるかのような感覚が得られる。
不正解× VRの説明
:ヘッドマウントディスプレイなどの機器を利用し人の五感に働きかけることによって、実際には存在しない場所や世界を、あたかも現実のように体感できる。
不正解× VRの説明

【解説】

AR(Augmented Reality)とは、目の前にある現実の情景や風景の映像をコンピュータに取り込み、現実には存在しない仮想の情報を合成して映し出す技術です。

例えば、実際には存在しない衣料品を仮想的に試着したり、過去の建築物を実際の画像上に再現したりすることが可能です。

上記内容を踏まえた上で問題を見てみましょう。

マルチメディアと標準化についておさらいがしたい方は【マルチメディア】マークアップ言語とファイル形式〜国際標準化まで解説!ご覧ください。

まとめ

【確認問題集:ソフトウェア編】〜IT未経験者の第三関門〜まとめ

問題は正解が多かったですか?それとも不正解が多かったですか?

正解の方が多かった方はソフトウェアの知識は問題ないでしょう。

逆に不正解の方が多かった方はまだ知識不足なので基礎知識をもう一度おさらいして問題集で挑戦してみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の内容が、役に立ったな!と思ったらシェア&ブクマ登録よろしくお願いします。

また、質問や問い合わせに関しては、コメント欄かお問い合わせフォームを活用ください。

それではまたお会いしましょう。

黄島 成

-ソフトウェア
-,