ITパスポート試験に落ちた方必見!何度でも受験はできるのか?

ITパスポート試験に落ちた方必見!何度でも受験はできるのか?
ハテオ君

ITパスポート試験に落ちてしまったんだけど...再試験とかできるのかな?もし再受験できるなら絶対に合格したいな

今回はこの悩みを解決します!

今回の記事テーマ

ITパスポート落ちた方必見!再受験は可能なの?合格するためにやるべきことを徹底解説!

ITパスポート試験に落ちた方で「もう一度試験は受けれるのか?」「落ちた原因はなんなのか」という部分が気になるかと思います。

そんな方のために今回は、再受験はできるのか?落ちた方によくある原因を共有していきたいと思います

本日の記事内容

記事後半には、落ちた方が合格するためにやるべきことも伝授していきます。

試験に落ちたからといって落ち込まず、再チャレンジのきっかけとして是非参考にしてください。

元中卒の自分が、誰でも理解できるように解説していきます。

それでは早速見ていきましょう。

黄島 成

ITパスポート試験に落ちた方必見!何度でも受験はできるのか?

ITパスポート試験に落ちた方必見!何度でも受験はできるのか?

ITパスポート試験に落ちてしまった方は再受験ができないのか気になると思います。

結論、何度でも受験することは可能です。

どのように再受験を申し込めばよい?

試験会場によって試験日は月に1回や月に5回というようにバラバラです。
1回目に申し込みしたように試験会場を決めて、希望の試験日を申し込みすればOKです。

再受験しても受験費用はかかるのか?

再受験の場合は、もう一度試験を受けるので、もちろん受験費用がかかります。
決して2回目以降は無料ということはありません。

出題問題は変わるの?

問題は基本的にランダムで出題されているので、自分が受験した試験とは異なります。

年間で不合格になっている人数

ITパスポートの試験ではどのくらい不合格になっていると思いますか?

令和2年の累計では年間で「54.277人」の不合格者が出ています。

受験者数合格者数合格率
131.788人77.51258.8%
ITパスポート試験統計情報(令和2年度)

実は年間でかなりの不合格者が出ているんです。

そのため試験に落ちることはそこまで珍しくないので、落ち込まずにまたチェレンジしましょう。

ITパスポート試験に落ちた方々によくある原因

ITパスポート試験に落ちた方々によくある原因

ITパスポート試験では不合格になる方も非常に多いです。

試験に落ちる方にはある共通の原因があります。

「落ちてしまった…。」だけではなく、なぜ落ちたのかを把握することが大事です。

そこで次に、落ちる原因について共有していきたいと思います。

原因①:圧倒的な知識不足

この原因がほとんどだとは思いますが、不合格になる方達に共通しているのが、圧倒的な知識不足です。

ITパスポート試験はそこまで難しくないと油断して、よく勉強しなかったのが根本の原因ですね。

IT資格の中では確かにレベルは一番低い試験です。
しかし、一応国家資格ではあるので、IT完全未経験者からしたら難しい問題はかなり多いです。

特にIT用語などに関しては種類が多いので、しっかりと勉強しておかないとすぐに忘れてしまいます。

そのため、油断して勉強をサボって知識が身についてないのが一番多い落ちる原因です。

原因②:問題慣れしていない

次に多い原因が、試験当日に出題される問題に慣れていなかったことです。

ITパスポートの試験勉強では、参考書などを活用して勉強する方が多いかとは思います。

参考書の場合は、IT未経験者でもわかりやすいような言い回しで解説してくれているので非常に理解しやすいです。

しかし、本番の試験問題ではほとんどが専門用語や難しい日本語で出題されます。

「どういう意味?」「何を問われているの?」これを理解できない問題も複数あります。
自分もそうでした…。

問題内容の理解ができないのは、練習問題や過去問題のアウトプットが足りていないからです。

そのため、知識はついているが問題慣れしていないのが落ちる原因の2つ目です。

原因③:苦手分野の克服ができていない

苦手分野の克服ができていないまま受験した結果不合格になったという方も多いです。

試験勉強している時に、わからない箇所や苦手な箇所につまづいて後回しにしてしまうこともあるかと思います。

気持ちはわかりますが、ITパスポート試験では3分野の総合得点が評価されます。

評価合格点
総合評価総合点600点/1000点満点中
分野評価ストラテジ系:300点以上/1000点満点
マネジメント系:300点以上/1000点満点
テクノロジ系:300点以上/1000点満点
ITパスポート合格基準

得意な分野だけを徹底的に勉強しても基本的に意味がありません。

一番大事なのは、得意分野には時間をかけず、苦手分野に注力することです。

そのため、苦手分野の克服ができていないのが落ちる方のよくある原因3つ目です。

再受験して合格するためにやるべきこと

再受験して合格するためにやるべきこと

試験に落ちる原因は上記である程度理解できたかと思います。

しかし、理解しただけで合格することは不可能です。

大事なのは、原因を把握して改善をすること。

そのため次は、合格するためにやるべきことを共有していきます。

まずは、自分が行った勉強方法を見つめ直す

まずは自分がどのような勉強方法を行なって落ちたのかを見つめ直してください。

見つめ直す箇所は以下4点です。

  • 勉強方法=どのように勉強したのか?
  • 勉強期間=どのくらい勉強したのか?
  • 試験対策=試験対策は何をやってのか?
  • 苦手分野=自分の苦手な分野は何か?

テンプレとして活用しても良いので、上記4点はメモやスプレットシートなどにまとめておきましょう。

細かく見つめ直すことが肝です。

自分が行ったことを見つめ直すことで、具体的な改善方法を知ることができますので参考にしたください。

次に、改善すべき箇所を決める

試験に落ちた方は、勉強方法をガラッと変えることをおすすめします。

なぜなら、不合格という結果が出ているからです。

不合格という結果出たということは、

  • これまでやってきた勉強方法が間違っていた
  • 自分に合った勉強方法ではなかった

という確たる証拠になります。

例えば、以下の勉強方法をやっていた方を想定した場合

  • 勉強方法=YouTubeの動画とネット情報
  • 勉強期間=基礎知識を1ヶ月半
  • 試験対策=特にやっていない
  • 苦手分野=わからない

上記想定者の改善すべき箇所は以下通り

  • 勉強方法=参考書もしくは通信講座
  • 勉強期間=基礎知識を2週間,問題集を2週間
  • 試験対策=過去問題を中心に実践的対策,苦手分野に注力
  • 苦手分野=テクノロジ系,IT用語

上記はあくまで想定した例ですが、このように改善する箇所を決めていきましょう。

もう一度言っておきますが、勉強方法はガラッと変えることをおすすめします。

最後に、勉強スケジュールを組む

勉強方法の見つめ直しと、改善する箇所が決まったら勉強スケジュールを計画していきましょう。

試験に落ちた方の場合、ある程度基礎知識の勉強はしているかと思いますので、期間は短くてもOKです。

例:具体的な勉強スケジュールの計画方法

スケジュールやること
◯月1週目平日:参考書で基礎学習
土日:過去問題で試験対策(苦手分野を知る)
◯月2週目平日:参考書で基礎学習
土日:苦手分野の問題対策
◯月3週目平日:基礎知識&IT用語のおさらい
土日:苦手分野の問題対策
◯月4週目平日:苦手分野の基礎&復習
土日:総合的な過去問題で実践対策
試験当日合格点の目標を設定

上記のような感じで勉強スケジュールを組んでいきましょう。

平日と土日に分けて勉強するところを変えるのがポイントですね。

一度試験を受験している場合は、過去問題をやりまくってとにかく問題になれることを意識しましょう。

「もうこれ以上やることがないよ」ってくらいなれば、ほぼ確実に合格はできるでしょう。

確実に合格したい方は通信講座に頼りましょう

ITパスポート試験を行う方のほとんどが独学です。

しかし、試験に落ちた方は独学が不安になったり、自信を無くしたりする方も多いと思います。

独学で勉強を行った場合、

  • 結果が出ない
  • 自己管理ができない
  • 継続できない
  • 挫折する

このような壁に必ずぶち当たります。

気合がある程度入っていないと独学はあまりおすすめできません。

そのため、自信がない方などは通信講座に頼るべきです。

通信講座では、試験に合格するために必要な「情報・素材・環境」の全てが揃っています。

「確実に合格したいけど独学不安…」という方にはピッタリですね。

一番おすすめは「スタディング」です

スタディングは受講者10万人を突破した、オンライン資格講座のシェア率No.1の人気の通信講座です。

通信講座の費用は10000円以上が一般的ですが、スタディングは7920円と費用的にもかなり優しい印象です。

しかし費用に対して、学習教材のクオリティーはかなり高く、独自のツールやアプリも充実しているため、コストパフォーマンスは抜群ですね。

ちなみに合格するとamazonギフト券ももらえるそうなので、通信講座に迷ったらスタディングをおすすめします。
»スタディングの無料体験こちら

まとめ:何度でも再受験はできる!合格するためには改善が命

まとめ:何度でも再受験はできる!合格するためには改善が命

ITパスポート試験に落ちた方に向けての記事は上記内容で以上となります。

それではまず今回の内容をまとめていきましょう。

まとめ

  • ITパスポート試験は何度でも受験することが可能
  • 落ちる方の特徴は「知識不足,問題慣れ,苦手分野の克服」が原因
  • 再受験して合格するためには「見つめ直し→改善→計画」が必要
  • 確実に合格したいなら「スタディング」に頼るべき

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の内容が、役に立ったな!と思ったらシェア&ブクマ登録よろしくお願いします。

また、質問や問い合わせに関しては、コメント欄かお問い合わせフォームを活用ください。

それではまたお会いしましょう。

黄島 成
Pick Up
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】
ITパスポート完全攻略マップ【入門~合格までを全16記事で解説】

-ITパスポート