Webマーケティング業界の平均年収は?年収アップの方法まで公開

Webマーケティングの平均年収はいくら?年収アップの方法まで公開
ハテオ君

Webマーケターの年収ってどれくらいなの?平均年収や年収をアップする方法など知れたらいいなぁ...。

今回はこの悩みを解決します!

本日の記事テーマ

Webマーケターの平均年収と年収をアップさせる方法を徹底解説!

Webマーケティング業界に興味を持っている方は、一体年収はどのくらいか気になるところですよね。

結論、Webマーケターは稼げます。

そこで今回は、Webマーケターの平均年収と年収をアップさせる手法を共有していきたいと思います。

本日の記事内容

  • Webマーケティングの平均年収
  • 業種別の平均年収も公開
  • 年収をアップさせる3つの方法

簡単なプロフィール

黄島 成(きじま なる)
  • ICT革命運営者|革命家
  • 元中卒→IT業界にて独立
  • 過去に7社以上の転職を経験

自分は、IT業界で独立して事業を行なっているので、Webマーケティンとは長い付き合いです。

Webマーケターに興味を持ち、これから目指そうかなと感じている方は、是非参考にしてください。

元中卒の自分が、誰でも理解できるように解説していきます。

それでは早速見ていきましょう。

黄島 成

Webマーケティング業界全体の平均年収

Webマーケティング職の平均年収

早速ですが、Webマーケティング業界の平均年収を共有していきます。

Webマーケティング業界の全体平均

Webマーケティング平均年収

439万円

最高年収:2332万円|最低年収:180万円

参考元:転職会議

年齢別の平均年収

Webマーケティング年齢別の平均年収

未経験の場合は300万円以下がほとんど

企業によっては高待遇のところもありますが、未経験のまま就職しても年収は高くはありません。

300万円以下がほとんどだと思います。

もし最初から年収の高い企業で働きたい場合は、スキルや資格などを先に取得することをオススメします。

または、副業にチャレンジしながら実績を積んでいけば高待遇の企業で働ける可能せはアップしますね。

まぁ個人で稼げるようになれば、独立したほうが年収は高いですけどね。

業種別の平均年収も公開

業種別の平均年収も公開

Webマーケティング業界は、主に3つの業種に分類されており、業種によって年収はかなり変わってきます。

そこで次は、業種別の平均年収も共有していきたいと思います。

Webマーケティングの業種

  • 自社サービス系
  • コンサル系
  • 個人・独立系

順番に詳しく見ていきましょう。

業種別の平均年収①自社サービス系

自社サービス系の平均年収

500~800万円

自社サービス系は、自社サービスのブランディングやリピーター獲得のマーケティング活動をしていきます。

「インハウスマーケティング」とも呼ばれてます。

自社のサービスを担当するため、年収に関しては高くはなく、低くもないという印象です。

ただ、研修制度やしっかりしている企業が多いため、未経験者には働きやすい環境だと言えます。

業種別の平均年収②コンサル系の年収

コンサル系の平均年収

400~600万円

コンサル系は、自社ではなくクライアントの案件を請け負い、他社の売り上げに貢献する代理店のような活動です。

コンサル系の職種

  • Webコンサルタント
  • SEOコンサルタント
  • 広告代理店

上記の職種がコンサル系に当てはまります。

クライアント案件がほとんどなので、自分の担当先次第で年収が上がったり下がったりすることが多いです。

コンサル系では、歩合制の企業が多いため、結果を出せば年収は自然と上がっていく印象です。

完全に結果主義の世界だと言えますね。

業種別の平均年収③個人・独立系の年収

個人・独立系の平均年収

1000万円以上

個人・独立系では、企業に属さず個人で案件を請け負ったり、会社を設立してサービスの提供をする活動を行います。

個人・独立系の年収

  • フリーランス
  • オーナー社長

などが個人・独立系に当てはまります。

クラウドワークスなどで案件を受注したり、SNSを使ってビジネスインフルエンサーとしてサービスの提供や案件を受注する場合が多いです。

個人としての能力高ければ、収入の限界はありませんが、能力がなければ収入がゼロになる可能性も高いです。

まさに、弱肉強食の世界ですね。

年収をアップさせる3つの方法【再現性高め】

年収をアップさせる3つの方法【再現性高め】

年収は、働く企業や個人の能力によってかなり差が生まれます。

Webマーケティングだけでなく、IT業界は実力主義の世界です。

じゃあどうやって年収を上げていけば良いのか?と感じるはずです。

そこで、年収をアップさせる3つの方法を次に共有していきたいと思います。

年収アップさせる方法3選

  • 圧倒的な結果を出して昇進
  • 経験を積みながら転職を繰り返す
  • 経験と能力を身につけて独立

それでは順番に見ていきましょう。

年収をアップさせる方法①圧倒的な結果を出して昇進

まず1つ目が、所属している企業で圧倒的な結果を出し、昇進することで年収を上げる方法です。

一番無難の方法と言えますね。

Webマーケティングの業界は、結果主義の世界です。

数字を出す人が優秀で、数字が出せない人は凡人という、とてもシンプルな世界です。

昇進するためには、能力はもちろんのこと、マネジメント力も必要になってきます。

昇進して年収を上げるならコンサル系

自社サービス系はある程度大手の企業がほとんどなので、組織図がある程度決まっておりなかなか昇進できない場合が多いです。

そのため、昇進するにはちょっと時間がかかり過ぎてしまうイメージですね。

もし、昇進して年収を上げたいならコンサル系をオススメします。

コンサル系では、クライアントの獲得や実績を積んでいけばスピード感を持って昇進することが可能です。

能力がもちろんのこと、営業力やコミュニケーション力といった総合的なスキルが必要です。

人並み以上の能力と経験値が必要なので、努力タイプの方は是非挑戦してみてください。

年収をアップさせる方法②経験を積みながら転職を繰り返す

2つ目が経験を積んで、転職を繰り返す方法です。

年収アップに関しては、一番再現性が高いんじゃないかと思います。

以前までは、転職回数の多い人は印象が悪かったですが、最近は転職経験が多い方が評価されるやすくなっています。

また、転職を繰り返すことでスキルや経験値も高まっていくので、転職する毎に年収アップしていくでしょう。

そもため、転職を繰り返すことはとても有効な方法だと言えますね。

ヘッドハンティングで年収アップのチャンス

転職を繰り返すことで、Webマーケティング業界での人脈や顔が広くなります。

実績を積んでいき能力が高いと評価された場合、違う企業の社長やヘッドハンターから声がかかることもあります。

もしヘッドハンティングされた場合、好条件な雇ってくれることがほとんどです。

例えば、「給料は自分で決めていいよ」なんか普通にあり得ます。

そのため、転職を繰り返すことでヘッドハンティングされる可能性が高くなるメリットもあります。

年収をアップさせる方法③経験と能力を身につけて独立

3つ目が専門スキルを身につけて個人で活動したり、独立することで年収を上げる方法です。

個人でも稼ぐ能力が身に付けば、年収の上限はありません。

昇進や転職でも年収アップを期待できますが、デメリットとしては、雇用先のさじ加減で全てが決まるという所です。

逆に個人の場合は、自分で頑張った分全てが給料となります。

そのため、年収の天井がないので独立はかなりオススメです。

豆知識:企業が支払う人件費は大体10%

企業の人件費は、売り上げの大体10%くらいが一般的です。

例えば、歩合制の会社員が新規事業で1000万円売り上げたとします。

会社員に支払われる金額は「100万円」
逆に個人で1000万円を売り上げた場合は「1000万円」

そこから税金とかかかってくるんですが、1000万円を売り上げたとしても給料にはかなりの差が生まれます。

これこそ、個人と会社員の違いです。

そのため、個人活動や独立をすることで「結果に対する対価が大きい」という最大のメリットを獲得できます。

いきなり独立するのはかなり危険なので、独立したい方はある程度スキルを身につけてから挑戦してみましょう。

まとめ:Webマーケターの年収は能力で異なる

まとめ:Webマーケターの年収は能力次第

Webマーケティング職の平均年収については上記内容で以上となります。

それでは、今回の内容をまとめていきましょう。

まとめ

  • Webマーケティングの平均年収は「439万円」
  • Webマーケターは3業種に分類される
  • ①自社サービス系は、自社内のマーケティング活動
  • ②コンサル系は、外部企業のマーケティング活動
  • ③個人、独立系は、個人で案件を受注しマーケティン活動
  • 年収を上げる方法は「結果を出し昇進・転職を繰り返す・独立する」の3つ
  • 独立が一番稼げる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の内容が、役に立ったな!と思ったらシェア&ブクマ登録よろしくお願いします。

また、質問や問い合わせに関しては、コメント欄かお問い合わせフォームを活用ください。

それではまたお会いしましょう。

黄島 成
Pick Up
未経験からWebマーケティング職へ転職する3つの方法【攻略ガイド】

-転職ノウハウ
-,