Webマーケティングに向いていない人の特徴5選【向いてる人も共有】

Webマーケティングに向いていない人の特徴5選【向いてる人も共有】
ハテオ君

Webマーケティングに最近興味を持っているんだが、自分は向いているのか向いていないのかイマイチわからないなぁ。どんな人が向いているのか知れたらいいなぁ…。

今回はこの悩みを解決します!

本日の記事テーマ

Webマーケティングに向いてない人&向いている人TOP5を徹底解説して行きます!

未経験からIT業界へ転職しようかなと考えているときに出てくる職種が”Webマーケティング”ですよね。

Webマーケティングは現代の情報化社会では、需要の高い職種の1つです。

そのため、興味を持つ方も多いかと思いますが、挫折する方や結果の出ない方も少なくはありません。

そこで今回は、挑戦する前に自分が向いているのか?向いていないのか?を診断できる記事を共有していきます。

本日の記事内容

  • Webマーケティングに向いていない人の特徴5選
  • Webマーケティングに最も向いてる人ランキング”TOP5”
  • 【最初は苦手でも問題なし】必ず克服できる3つのスキル
  • 未経験からWebマーケターになる3つの進路

簡単なプロフィール

黄島 成(きじま なる)
  • ICT革命運営者|革命家
  • 元中卒→IT業界にて独立
  • 過去に7社以上の転職を経験

Webマーケティングでは「制作・分析・改善」この3つが主な業務内容となっています。
具体的な仕事内容を知りたい方はWebマーケティングの具体的な仕事内容をご覧ください。

この3つの業務を基準に、向いてない人向いている人を算出しています。

Webマーケティングに興味のある方は、今回の記事を参考に新しい挑戦の最初の1歩を踏み出していきましょう。

元中卒の自分が、誰でも理解できるように解説していきます。

それでは早速見ていきましょう。

黄島 成

Webマーケティングに向いていない人の特徴5選

Webマーケティングに向いていない人の特徴5選

それではまず、Webマーケティングに向いていない人の特徴を5つ共有していきます。

実際の業務内容と照らし合わせて導き出した5つの特徴が以下通りです。

  • 自己中心的な人
  • 継続が苦手な人
  • 完璧主義な人
  • 優柔不断な人
  • 極端にまじめな人

それでは順番に見ていきましょう。

Webマーケティングに向いてない人の特徴その①自己中心的な人

Webマーティングでは、チームとして活動することが多いです。

例:マーケティングチームの構成

  • 広告・コンテンツ制作担当
  • 広告・コンテンツ運用担当
  • ABテスト・改善担当

などに分かれて、活動するので意外にチームワークが求められる職種でもあるんです。

その中に、自己中心的な人がいればチームワークが崩れるだけです。

そのため、チーム選などが苦手な自己中心的な人はあまり向かないと言えますね。

Webマーケティングに向いてない人の特徴その②継続が苦手な人

Webマーケティングは、結果を出すまで長期的な戦いとなります。

長期に渡って「コツコツ行動と改善を繰り返し、ジワリジワリと結果を出していく」流れが基本的です。

つまり、日々の小さな積み重ねが大きな結果となり帰ってきます。

そのため、何ヶ月というスパンではなく、年単位で戦略を練っていきます。

自分も以前は継続が苦手だった1人でしたが、継続が苦手な人は長くても6ヶ月くらいしか継続ができません。

6ヶ月で結果を出すにはかなり難しい業界です。

そのため、継続が苦手な方が挑戦すると、最初はかなり苦痛に感じると思います。

Webマーケティングに向いてない人の特徴その③完璧主義な人

完璧主義な人は、クオリティーや結果を重視しているため行動スピードが遅くなる傾向にあります。

決して完璧を求めることは悪いことではありませんが、求めすぎるのも良くありません。

例えば、何か新しいことに挑戦するときの準備などは「60%」くらいがベストです。

そして、改善を繰り返しながら100%に近づいていく作業が最も効率の良い方法です。

しかし、完璧主義な人は最初から100%を出そうと努力するため、かなり効率が悪いです。

そのため、完璧主義すぎる方はあまりWebマーケティングには向かないですね。

Webマーケティングに向いてない人の特徴その④優柔不断な人

優柔不断な人は決断力は無いため、行動までのスピードがかなり遅い特徴があります。

Webマーケティング業界は、他の業界に比べても変化が激しいです。

そんな業界では優柔不断で決断力がないと、時代の変化についていけなく置いてけぼりになってしまいます。

大切なことは「時代の流れを読み取り、すぐに行動する決断力」です。

そのため、優柔不断で決断力のない方は、Webマーケティングで結果を出すのは難しいでしょう。

Webマーケティングに向いてない人の特徴その⑤極度にまじめな人

極端にまじめな人は、非常に頭が硬い印象です。

Webマーケティングの業界は、答えのない業界です。

マニュアル通りでは、周りと同じ結果しかでなく、大きな結果を得ることはできません。

Webマーケティングで結果を出すには「トレンドを読み取り時代に合った手法を脳汁が出るくらい考え答えを探し出す」ことです。

常にアンテナを張って情報を瞬時にキャッチできる頭の柔らかい人がトップで結果を出しています。

そのため、マニュアルや概念に縛られている頭の硬い人はあまり向かないでしょう。

Webマーケティングに最も向いてる人ランキング”TOP5”

Webマーケティングに最も向いてる人ランキング”TOP5”

向いていない人の特徴は、上記内容である程度理解できたかと思います。

そこで次は、Webマーケティングに向いている人をランキング形式で共有していきたいと思います。

Webマーケティングに向いてる人第1位:ゲームマスター

Webマーケティングはゲームと全く同じ感覚です。

ゲームとウェブマーケティングの共通点

例えば、戦闘ゲームで結果を出す流れは、

  • クエストのクリアを目指す
  • モンスターへ挑戦する
  • 勝敗が決まる
  • 負けたら勝つための武器やスキルを身につける

この流れを繰り返しながら、レベルアップしていきトップランカーになると思います。

逆にWebマーケティングで結果を出す流れは、

  • 計画:Plan(プラン)
  • 実行:Do(ドゥ)
  • 評価:Check(チェック)
  • 改善:Action(アクション)

基本的にこの「PDCAサイクル」というフレームワークを使ってプロジェクトを進めていきます。

まさしくに、ゲームと全く同じような流れですよね。

そのため、ゲームで結果を出す人はかなりWebマーケティングに向いていると言えます。

Webマーケティングに向いてる人第2位:トップセールスマン

セールスマンは、どのように営業すれば商材が売れるのかを常に考える職業です。

売れる営業マンと売れない営業マンの違いは、顧客視点で売り方を考えているかどうかです。

売れない営業マンと売れる営業マンの違い

売れない営業マンの場合は、『どのように営業すれば売れるのか』を考える。

逆に売れる営業マンの場合は、「どのように商品の魅力を顧客のライフスタイルとマッチして伝えられるか」を考えます。

この考え方は、Webマーケティングでも必ず必要な考え方です。

そのため、実践でセールスマンとして結果を出している方には必要な考え方が備わっているので、かなり、向いていると言えますね。

Webマーケティングに向いてる人第3位:理系脳の人

理系の方は考える能力が非常に高く、数字にもかなり強いです。

文系脳と理系脳の考え方の違い

  • 文系脳=言葉の意味を問う
  • 理系脳=物事の原因を問う

なぜ?という同じ疑問を感じた場合でも、文系脳と理系脳では考え方がかなり違います。

Webマーケティングでは、論理的な観点から改善点を探し出すが必ず考え方が必要です。

文系の人が向いていないわけじゃないですが、考え自体を変えることはかなり難しいことです。

しかし文系のは逆に、理系脳の人は最初から改善に必要な考え方が備わっています。

さらに、分析をするときに必ず必要な数字に強いという特徴もあります。

そのため、理解脳の人はWebマーケティングで必要な考え方の脳をしているので、適合性は高いと言えます。

Webマーケティングに向いてる人第4位:クリエイター

クリエイターは、何もないところから自分の能力やスキルを使って、見えるモノに変える職種です。

例えば、

  • YouTuber
  • 漫画家
  • 映画監督

などが挙げられますね。

ではなぜクリエイターは向いているのか?というと、それは「想像力」です。

何も無いところから何かを作り出す人は想像力が桁違いに高いです。

Webマーケティング業界には答えが無いため、仮説をたてて検証するスキル必要です。

まさに、クリエイターが持っている能力と一緒ですよね。

そのため、想像力の高いトップクリエイターの方達は、想像力を活かして仮説検証ができるのでかなり向いていると言えます。

Webマーケティングに向いてる人第5位:ミーハーな人

現代の情報化社会では、新しい情報への感度が高いミーハーの人達が多いです。

皆さんの周りにも情報収集能力が桁外れ高い方などいると思います。

結論、ミーハーの方は、Webマーケティングに向いています。

なぜなら、Webマーケティング業界では「新しい情報をキャッチする情報収集能力」が必ず必要だからです。

情報能力が高いと「時代の変化に敏感」なので変化の激しい業界ではかなり武器になります。

そのため、ミーハーの人達の情報収集能力は必ずWebマーケティング業界でも必須スキルなので、かなり向いていと言えます。

【最初は苦手でも問題なし】必ず克服できる3つのスキル

【最初は苦手でも問題なし】必ず克服できる3つのスキル

自分はこれが苦手だから無理だろう..と諦めてしまう方も多いです。

結論、苦手なことは克服していけば問題ないです。

苦手だからと言って自分の興味のあることへ挑戦しないのはかなり勿体無いです。

そこで、Webマーケティング業界では必ず必要だけど克服できる3つのスキルを共有して行きます。

克服できるスキル数字・計算が苦手

数字強くて計算できないとWebマーケティングは難しいとよく言われています。

そのため、数字に弱い人や計算が苦手な人にとっては諦めてしまう原因にもなりますよね。

結論、数字に弱くても、計算が苦手でもあまり関係ありません。

なぜなら「ツールや電卓」などの活用できるアイテムを使えばすぐに解決できます。

また、計算が必要と言っても「足し算引き算・掛け算割り算」しか基本的に使わないです。

業務を経験していくにつれて、数字にも自ずと強くなっていくので、そこまで気にしないで大丈夫です。

現に、自分は元中卒で計算もできなかったですが、Webマーケティングである程度結果を出しているからです。

そのため、数字に弱くても、計算ができなくても、アイテムと経験が解決してくれるので問題ありません。

克服できるスキル論理的な思考ができない

Webマーケティング業界では、論理的な思考も必要だとよく耳にしますよね。

論理的に物事を考えたりするのは苦手なんだよねって方もかなり多いです。

しかし、倫理的な思考は簡単に身につけことができます。

例えば、SNSのフォロワーがなかなか増えないという問題を解決する場合、

  • なぜフォロワーが増えないのか?
    =露出が少ないから多くに届いていないから
  • なぜ露出が少ないのか?
    =発信している内容が誰にも見られていないから
  • なぜ誰にも見られていないのか?
    =興味のある人やニーズのない内容だから
  • なぜ興味やニーズのない内容を発信しているのか?
    =個人的に興味があること中心に考えていたから
  • では何をするべきか?
    =自分の考えではなく、リサーチしてニーズの高い内容を発信して露出を増やす
  • ではどのようにニーズの高い内容を見つけるのか?
    =SNSのハッシュタグや検索などでニーズの高い内容を探す

上記のように「なぜ?」を3~4回繰り返し、問題点を洗い出し、「何を?どのように?」を考える。

この流れを繰り返すことで、誰でも倫理的に考えることができます。

そのため、なぜ?を極めることで論理的な思考能力が身につくので、克服することは簡単です。

克服できるスキル分析が全くできない

Webマーケティングでは、分析を中心にプロジェクトを進めて行きます。

そのため分析ができないと厳しいとよく言われますが、分析が苦手な方でも全然大丈夫です。

なぜなら、分析はマーケティングのフレームワークを使えば誰でもできるからです。

代表的なフレームワーク

  • 3C分析
  • 4C分析
  • SWOT分析
  • ロジックツリー

主に上記のフレームワークが代表的で、その他にも様々なフレームワークが存在します。

「分析が苦手なんだよなぁ」って方のほとんどがこのフレームワークを知らないだけです。

そのため、分析はフレームワークを使えば誰でもできるので、やり方を知るだけですぐに克服できます。

未経験からWebマーケターになる3つの進路

未経験からWebマーケターになる3つの進路

それでは最後に、未経験からWebマーケターになるための3つの道を共有して行きたいと思います

Webマーケティングになる3つの進路

  • まっさらな未経験の状態で転職
  • スキル&資格を身につけて転職
  • 副業として個人で挑戦してみる

それでは、順番に詳しく見て行きましょう。

Webマーケターになる3つの進路まっさらな未経験の状態で転職

まず1つ目が未経験の状態で転職してWebマーケターとして働くことです。

未経験の状態ではWebマーケターとして働くことはできないと感じる方は多いんじゃないでしょうか?

結論、未経験からでもウェブマーケターへ転職することは可能です。

しかし、どの企業でも転職できるとは限りません。

例えば、転職サイトで「未経験OK」という求人があったとしても、未経験を採用しない企業も多いです。

また、実際に転職はできたが、自分の想像していた業務ではなく、全く別の業務をさせられるパターンも多いです。

そのため、未経験から転職を考えているのであれば、転職エージェントを活用すると良いです。

転職エージェントを使うことで、自分の想像と転職後のミスマッチが起こることはほぼないでしょう。

ただ、転職エージェントの力量によって変わってきますので、実績豊富で顧客満足度の高い転職エージェントを選ぶことをオススメします。

Webマーケターになる3つの進路スキル&資格を身に付けて転職

未経験からWebマーケターへと転職することは十分に可能ですが、転職先が少なかったり、給料が低かったりとデメリット要素は多いです。

そんなデメリットがあるのは嫌だなぁと感じる方は、スキルを身につける、資格を取得するのどっちかを先に行いましょう。

スキルを身につけるなら、Webマーケティングの専門スクールを活用すれば問題ないです。
おすすめはマケキャンbyDMM.comですね。

資格を取得するなら「Webアナリスト検定、マーケティング・ビジネス実務検定」が良いでしょう。

スクールは転職保証などもありますし、資格を取得すれば資格手当で年収もアップします。

優良な企業へ転職したいと感じる方は「スキル&資格」を先に身につけることをオススメします。

Webマーケターになる3つの進路副業として個人で挑戦してみる

企業に属さなくても、個人のWebマーケターとして活躍することは十分に可能です。

自分で仕事を受注したり、自分でサービスを提供したいと感じる方は、副業からチャレンジするのもアリですね。

個人でWebマーケティングをやるメリットとしては「結果が出た時の対価が会社員よりも大きい」ところです。

会社員の場合はある程度収入に限界がありますが、個人ではやればやるほど収入につながります。

しかし、最初から稼ぐことは不可能に近いです。

実践と独学でスキルを身につけていかないといけないので、とても険しい道になると思います。

副業におすすめなのは「アフィリエイト・SNS・YouTube」ですね。

どれもWebマーケティングのスキルが身につくので興味ある方は是非挑戦して見てください。

まとめ:向いてる向いてない関係なく、興味があるなら挑戦しよう

まとめ:向いてる向いてない関係なく、興味があるなら挑戦しよう

Webマーケティングに向いていない人、向いている人については上記内容で以上となります。

それではまず今回の内容をまとめていきましょう。

向いてない人の特徴

  • ①自己中心的な人
  • ②継続が苦手な人
  • ③完璧主義な人
  • ④優柔不断な人
  • ⑤極度にまじめな人

向いている人TOP5

  • 第1位:ゲームマスター
  • 第2位:トップセールスマン
  • 第3位:理系脳の人
  • 第4位:クリエイター
  • 第5位:ミーハーな人

まとめ

  • 計算が苦手、論理的な思考が苦手、分析が苦手この3つはすぐに克服できる
  • 未経験からWebマーケターになるための3つの進路がある
  • 進路①未経験のままで転職する
  • 進路②スキル&資格を取得して転職
  • 進路③副業として個人でやってみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の内容が、役に立ったな!と思ったらシェア&ブクマ登録よろしくお願いします。

また、質問や問い合わせに関しては、コメント欄かお問い合わせフォームを活用ください。

それではまたお会いしましょう。

黄島 成
Pick Up
未経験からWebマーケティング職へ転職する3つの方法【攻略ガイド】

-マーケティング系
-,